八雲藍のサムネ

5/15のアップデートで追加された八雲藍の評価を行います。

現状最も強い攻撃式で、今後の活躍が期待されるキャラだと思われます。

ショット

八雲藍のショットを紹介します。

八雲藍のショットの特徴としては、拡散集中ともに全体攻撃だということです。

拡散ショット.テイルスピナー

八雲藍の通常段

尖弾で陽気寄りの全体ショットです。

1段階目のブーストによる伸び幅が一番多い、というのが特徴です。

集中ショット.弧竜昇天

八雲藍の集中弾

レーザー弾で陽気寄りの全体弾です。

ブーストで追加される功徳レーザーは、妖怪に対して威力が増します。

拡散ショットと同様、1段階目のブーストで火力が伸びやすいです。

スペカ

八雲藍のスペカを紹介します。

スペカ1.式神「橙」

八雲藍のスペカ1

肉弾で陽気のみの単体スペカです。

ショットと同様、1段階のブーストで弾が増えるのでかなり使いやすいです。

また、2段階目、3段階目で追加される弾には妖精特攻がついています。

八雲藍のスペカ1の詳細1

 

八雲藍のスペカ1の詳細2

ただし、各弾1発ずつしか追加されないので、あまり実感はないかもしれません。

さらに、このスペカの注目すべき点として、攻撃前に味方全体の命中を1段階アップさせるという効果があります。

八雲藍のスペカ1の効果

通常の命中が75%であることから、命中アップは攻撃力アップとほぼ同じ意味です。

その能力アップが味方全体にかかるため、かなり有用な能力といえます。

スペカ2.式神「前鬼後鬼の守護」

八雲藍のスペカ2

光弾で陽気寄りの単体スペカです。

これまでのショットやスペカと違い、1段階目のブーストの伸びは少なめです。

3段階目までブーストをすることで追加される2種類の弾は、特別な効果を持っています。

八雲藍のスペカ2の詳細1

 

八雲藍のスペカ2の詳細2

攻撃力や防御力が強化された敵へのクリティカル率が上昇するというものです。

3段階目までブーストする必要があるため、ボス戦などが使いどころでしょうか。

ラストワード.那須と三高田の殺生石

八雲藍のラストワード

土属性の質量弾で、陽気のみの全体攻撃です。

1段階で伸びる火力、火力が十分安定する弾数、最大ブーストで土弱点の結界を4枚割れる、など最強クラスのラストワードです。

さらにこのラストワードは、陽攻2段階アップの特殊効果付きです。

八雲藍のラストワードの詳細1

これによりさらに火力が伸びるため、本当にただただ強いの一言です。

また、無属性の攻撃には毒霧を相手に付与するという効果があります。

八雲藍のラストワードの詳細2

気質

八雲藍の気質

八雲藍の気質は「狐の嫁入り」です。

火と星に弱く、土と日に耐性を持つ金、月属性です

能力

八雲藍の能力

八雲藍の能力は、グレイズを使うだけで陽攻が1段階上がるというものです。

簡単に攻撃力を上げられる、優秀な能力です。

八雲藍の攻撃はすべて陽攻によっているので、グレイズ後にどの攻撃をしても能力の恩恵が受けられます。

スキル

藍のスキル

八雲藍のスキルは、攻撃力やクリティカル率を上げるという攻撃式らしいスキルになっています。

スキル1.式神使役

自身の陽攻を2段階アップします。

持続ターンが1ターンと短めですが、手軽に攻撃力が上げられるため非常に優秀なスキルです。

スキル2.九尾狐の蠱物

自身の陽攻を1段階アップします。

スキル1と違い上昇幅は少ないですが、その分持続ターンは3ターンもあります。

Pを貯めたい序盤に有効なスキルといえそうです。

ちなみに、蠱物は”まじもの”と読み、まじないをして呪うことを意味します

スキル3.妖力集中

自身のクリティカル命中を1段階上げ、チャージを付与します。

このチャージは、自分の行動順を一番最後にする、といった効果があります。

実際にプレイしていて、行動順が逆ならなーという場面はそこそこあります。

そういったときに、行動順をいじれるスキルは優秀だと思われます。

特性

藍の特性

八雲藍の特性は、攻撃されたときに発生するもののみです。

相手の攻撃対象はランダムのため、狙って発動させるのは難しく、使い勝手は悪そうです。

特性1.九字護身法

攻撃されたとき、妖怪からのダメージを20%減らします。

発生率も100%なので、あって困る特性ではありません。

特性2.賢者の式

攻撃されたときに、自身の陽攻を1段階アップします。

攻撃されたときという条件が使いにくいですが、グレイズ中などに攻撃をもらうことができれば活用できます。

ただ、積極的にこの特性を発生させるのは難しいですね。

特性3.妖狐の直感

攻撃されたときに、自身の命中を1段階アップします。

こちらも特性2の賢者の式同様、攻撃を受けたとき、という発動条件がネックです。

なので、無理にランク5まで昇格させる必要はないかと思います。

連携

八雲藍のチェンジ連携

連携はアタック連携です。

後列のキャラと交代するだけで、交代先のキャラの攻撃力を上げれるのは魅力的です。

昇格に必要な素材

RANK0→1

伽羅 伽羅10 龍の巻物ー初 龍の巻物ー初10
攻性指南書ー初 攻性指南書ー初10 真南蛮 真南蛮10
真那伽 真那伽10 寸門多羅 寸門多羅10

 

RANK1→2

梅の華片ー初 梅の華片ー初10 菊の華片ー弐 菊の華片ー弐10
梅の華片ー弐 梅の華片ー弐10 龍の巻物ー初 龍の巻物ー初20
龍の巻物ー初 龍の巻物ー初20 龍の巻物ー初 龍の巻物ー初20

 

RANK2→3

補性指南書ー弐 補性指南書ー弐20 補性指南書ー参 補性指南書ー参20
攻性指南書ー参 攻性指南書ー参20 菊の華片ー弐 菊の華片ー弐20
梅の華片ー弐 梅の華片-弐20 菊の華片ー弐 菊の華片ー弐20

 

RANK3→4

龍の巻物ー弐 龍の巻物ー弐20 菊の華片ー参 菊の華片ー参20
梅の華片ー参 梅の華片ー参20 龍の巻物ー弐 龍の巻物ー弐20
防性指南書ー参 防性指南書ー参20 龍の巻物ー弐 龍の巻物ー弐20

 

RANK4→5

補性指南書ー参 補性指南書ー参30 龍の巻物ー参 龍の巻物ー参30
龍の巻物ー参 龍の巻物ー参30 攻性指南書ー参 攻性指南書ー参30
梅の華片ー参 梅の華片ー参30 防性指南書ー参 防性指南書ー参30

 

八雲藍の強い点

八雲藍の強い点をまとめてみます。

強い点1.拡散、集中ともにショットが全体攻撃

八雲藍のショット(通常攻撃)は、拡散、集中ともに全体攻撃です。

この性能により、オート周回で大活躍してくれることが予想されます。

また、ラストワードも全体攻撃のため、現状最上位ランクの魂魄妖夢と同じぐらい活躍が見込めます。

強い点2.陽攻に特化したステータス

八雲藍のステータス、スペカ、能力、スキル、どれを見ても明らかに陽攻に特化しています。

そのため、スペカの装備などが整えやすく、使い勝手が大変よいです。

また、自身の能力やスキルで陽攻を手軽に上げることができるので、攻撃力に困ることはほぼないでしょう。

強い点3.ラストワードが全キャラ中最強クラス

八雲藍の真骨頂は、ラストワードの強さです。

陽属性のみの構成、使用時に陽攻がアップ、多弾数、全体攻撃、1段階ブーストで最大の伸び、最大ブーストで属性弾4発、結界異常付与…

どこをとっても非の打ち所がないです。

特に、水属性のボスはこの技1つで何とでもなるほどの強さです。

人形代をどのキャラに使うか迷っている人は、このキャラに使っておけば間違いないです。

八雲藍の弱い点

続いて、八雲藍の弱いと思われる点をまとめてみます。

弱い点1.スペカが単体のみ

八雲藍のスペカは、単体攻撃のみです。

ラストワードこそ全体攻撃ですが、そのほかのスペカが単体のため、少し道中は殲滅力に欠けるかもしれません。

ただ、これは重箱の隅をつつくような指摘です…

弱い点2.ラストワード解放まで攻撃属性が無属性のみ

ラストワードこそ強力な属性弾を持っていますが、それまでは無属性の攻撃しかできないのも弱いところです。

しっかり育てきるまでは、スペカが単体無属性のみということで、少し汎用性に欠けるといえそうです。

これも、ラストワードさえ覚えさせれば強力な水属性キラーになりますので、そこまで弱い点とはいえませんが。

妖夢の集中ショット、パチュリーのラストワードみたいに明確な弱点らしい弱点は見つからない、というのが正直なところですね…

八雲藍の評価まとめ

両方が全体攻撃のショットによるオート周回の適正、高い攻撃力によるボス戦の適正、ハイスペックなラストワードによる殲滅力の高さなど、現状非の打ちどころがない、最強キャラといっても問題ないでしょう。

リセマラなどでこのキャラを引ければ、しばらくは安泰です。

じっくり育てて、人形代もどんどん使って、早くラストワードを解放してしまいましょう。

いろんなステージ攻略の難易度がぐっと下がります。

また、同じタイミングで追加された橙の評価は、以下のページを参照してください。

参照:橙の評価