【完全版】絵札について徹底解説!【東方ロストワード】

この記事では、東方ロストワードに登場する絵札についての完全解説をします。

絵札に書いてある情報の見方、絵札でできること、絵札の強化や売却の目安など、この記事を読めば絵札についてわからないことはない、という記事になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

絵札とは

絵札とは、各キャラが持つスペカに装備することができるアイテムです。

装備することで以下の効果が得られます。

 

①基礎ステータス上昇

②スペカ使用時に特殊効果発動

 

①の基礎ステータス上昇は、絵札を装備するだけで効果が発生します。

②の特殊効果は、スペカを使ったタイミングで発動し、最低1ターンから数ターン継続します。

大事なのは②のスペカ使用時に発生する効果で、ゲーム内では「特性」と呼ばれています。

この特性が強力であれば強力であるほど、一般的に強い絵札とされます。

絵札の基本情報

続いて絵札に書かれている情報を解説します。

まずは絵札の左画像の①~④まで順番に解説していきます。

絵札解説参考画像1

①華片マーク

名前の横についているマークは、その絵札を強化するときに必要な華片、あるいは、おわかれした時にもらえる華片を表しています。

それぞれのマークと対応する華片の種類は以下の通りです。

 

・菊

菊のアイコン

 

・蘭

蘭のアイコン

・梅

梅のアイコン

・竹

竹のアイコン

 

昇格に必要な華片が足りないときは、このマークを参考に絵札をおわかれするといいでしょう。

ちなみに、☆3だと銅の華片、☆4だと銀の華片、☆5だと金の華片がおわかれ時にもらえます。

②強化数

ここには、絵札を強化した回数が表記されています。

限界突破の回数ではないので注意してください。

絵札の強化についての詳細は後述します。

③上昇する能力

絵札を装備すると、ここに記載されている能力値がプラスされます。

ここの数値を上げるには、絵札を強化する必要があります。

④ロック

ここをタップすることで絵札をロックすることができます。

ロックされている絵札は限界突破の素材やおわかれに選ぶことができなくなります。

☆5の絵札は入手時から自動的にロックされています。

特性

絵札を装備したスペカを使ったときに発動する効果です。

「解説」の隣にある「特性」をタップすると見ることができます。

絵札解説参考画像2

☆3だと1つ、☆4だと2つ、☆5だと3つの特性が書かれています。

限界突破が4まで進むと、一番上の特性が強化されます(画像の赤い四角で囲っているところ)。

まったく新しい効果が増えるわけではないので、注意してください。

絵札の強化

続いて、絵札の強化について説明します。

絵札は、華片と賽銭を使って強化をすることができます。

強化に必要なアイテムは、イラストの下にある絵札強化をタップすると見ることができます。

絵札解説参考画像3

強化することで、能力の上昇値が増加します。

なお、次に紹介する限界突破をすることで、強化できる回数が増えていきます。

強化に使う華片は、キャラを昇格させる際にも使用します。

個人的には、絵札の強化よりキャラの昇格を優先させた方がいいと思っています。

絵札の限界突破

絵札は、同じ絵札と賽銭を使うことで限界突破をすることができます。

限界突破によって得られる効果には、以下のものがあります。

限界突破の効果1.強化できる回数が増える

先ほども書きましたが、限界突破をすることで強化できる回数が増えていきます。

最初に強化できる回数は6回ですが、最終的には10回まで強化できるようになります。

限界突破の効果2.見れる解説が多くなる

限界突破をするごとに、読める解説が増えていきます。

この解説がかなり書き込まれており、読んでいるだけで東方にかなり詳しくなれます。

一度解放した解説は図鑑から何度も読むことができるので、どの絵札も一回は上限まで限界突破させておきたいものです。

限界突破の効果3.特性がより強力になる

限界突破は最大4回行えるのですが、4回行った時点で特性が強化されます。

内容としては、特性の1段目に書かれている効果がより強力になるというものです。

たとえば、特性の一番上の効果が「陰攻を2段階アップ」の場合、最後まで限界突破すると「陰攻を3段階アップ」に強化されます。

限界突破の注意点

限界突破の注意点として、強力な絵札は限界突破させるより複数枚持っていた方がいい場合がある、ということを覚えておきましょう。

スペカやキャラごとに装備できる絵札の制限がないので、強力な絵札は何枚も装備することになります。

そのため、実用的な絵札が被った場合は、できるだけ限界突破させないほうがお得です。

複数枚持っておきたい実用的な絵札は、以下のページで紹介しているので参考にしてください。

参照:迷ったらこれを装備しよう!おすすめ絵札9枚紹介

絵札のおわかれ

いらなくなった絵札は、おわかれすることで他のアイテムと交換できます。

おわかれで得られるアイテムの種類は以下の通り。

 

☆3…賽銭10、霊魂1、割符1、銅の華片1

☆4…賽銭30、霊魂3、割符3、銀の華片1

☆5…賽銭50、霊魂5、割符5、金の華片1

 

この中でも特に重要なのが、割符と華片です。

割符

割符は、キャラを覚醒するときに使用するアイテムです。

今のところ、絵札かキャラとおわかれすることでしか手に入りません。

キャラを最大まで覚醒させるには、割符が190枚必要になります。

5枚以上被っていて、あまり実用性のない絵札は積極的におわかれして、キャラの強化に充てるのがおすすめです。

華片

華片は絵札の強化にも使いますが、キャラを昇格させるのにも使います。

探索でも華片を集めることはできますが、現状、銀以上はなかなか手に入らないため、絵札でも稼ぎたいところです。

おわかれ時に得られる華片の種類は、右上のアイコンで確認できます。

アイコンがどの華片に対応しているかは、上述の通りです。

強化、限界突破した絵札とのおわかれについて

強化をした絵札とおわかれする場合、強化に使った華片はすべて戻ってきます。また、限界突破をした絵札とおわかれする場合は、素材に使った絵札分の割符や華片も手に入ります。ただし、強化、限界突破に使用する賽銭だけは戻ってきませんのでご注意ください。この仕様を利用して、絵札強化課題を華片の消費なしで行うこともできます。(参照:華片を消費しない!絵札強化課題の裏技

おすすめの絵札

最後にどのような絵札がおすすめかを紹介して、絵札解説を終わりたいと思います。

現状、おすすめの絵札は以下の特性を持つ絵札です。

 

・陽攻/陰攻を上昇

・霊力を上昇

・命中率を上昇

 

これらの特性を持つ絵札は、ある程度まとまった数を手元に残しておくのがおすすめです。

逆に、これらの特性を持たない絵札に関しては、現状だとまったく出番がありません。

今後のアップデートで必要になる可能性もありますが、積極的にお別れしてキャラの強化に力を入れるのも一つの手です。

上記の特性を持つ絵札の解説は、以下のページに詳しく載っています。

参照:迷ったらこれを装備しよう!おすすめ絵札9枚紹介

まとめ

以上、絵札についての解説でした。

個人的には、絵札の強化は後回しにして、キャラの強化を優先することをおすすめします。

実用的な絵札は複数枚持っておいた方がいいですし、強化するのに使う素材がかなり貴重だからです。

絵札や素材が余って仕方がないな、と思えるぐらいになってから、初めて強化を考えるぐらいでちょうどいいと思います。