橙の全体画像

5/15に追加された橙の評価を行います。

パッと見た感じ、スキルが育つと強くなるのではないかと予想します。

ショット

橙のショットについて紹介します。

拡散ショット.小耳猫耳

橙の拡散弾01

通常弾で陽気寄りの、全体ショットです。

Pがない状態ではヒット数が5と少なめですが、その分ブースト時の追加数は多くなっています。

なお、橙の攻撃はすべて命中が50%と他のキャラに比べて低いかわりに、クリティカル率が高くなっています。

橙のショットの詳細

 

集中ショット.招福キャットハンド

橙の集中弾01

斬撃弾で陽気寄りの、単体ショットです。

ブースト1段階目と3段階目にある、「対妖精じゃれつき」は、妖精相手だとダメージがアップします。

橙の集中ショットの詳細

 

スペカ

橙のスペカを紹介します。

ショットと同様、スペカもすべての弾が命中50%なので注意が必要です。

スペカ1.仙符「鳳凰卵」

橙のスペカ1

質量弾で陽気のみの、単体スペカです。

1段階ブーストではあまり攻撃力が伸びず、命中も低いことから2段階ぐらいはブーストしたいところです。

ブースト1段階目と2段階目にある、「エンスウのタマゴ」と「ガクサクのタマゴ」に妖精特攻がついています。

橙のスペカ1の詳細1

橙のスペカ1の詳細2

また、スペカ発動前に速力を2段階上げるという効果もついてきます。

持続が3ターンと長めですが、現状速力アップ自体はあまり使い道はありませんので、おまけ程度の効果と考えていいでしょう。

橙のスペカ1の詳細03

スペカ2.鬼符「青鬼赤鬼」

橙のスペカ2

光弾で陽気寄りの、単体スペカです。

こちらのスペカも、1段階ブーストではあまり火力が伸びません。

攻撃前に、相手の回避と命中を下げる効果があるため、命中が低いという橙の弱点を補えます。

橙のスペカ2の詳細

ラストワード

解放次第、紹介します。

気質

橙の気質

橙の気質は「日和」です。

日と水に弱く、月と木に耐性を持つ火、星属性です。

能力

橙の能力

橙の能力、「妖術を扱う程度の能力」は、ブーストするだけで速力が上がります。

レベルが足りず、ショットでは先制が取れないときなどに使えます。

現状、しっかり育ててさえいれば先制されることはないので、そこまで強い能力ではありません。

スキル

橙のスキル

スキル1.式神強化[速力]

スキルの一つ目は、自身の速力と霊力を上昇させるものです。

速力はともかく、霊力上昇は優秀なスキルです。

スキル2.式神強化[回避]

自身の回避を1段階、霊力を0.25上昇させるスキルです。

こちらのスキルも、霊力回復がメインとなります。

スキル3.式神強化[命中]

自身の命中を1段階、霊力を0.25上昇させるスキルです。

命中率の低い橙にとって、このスキルはかなり重要なものとなりそうです。

橙を本格的に使う場合は、このスキルが解放されるRANK4までは昇格させたいところです。

特性

橙の特性

特性1.化猫エンジン

攻撃された後、自分の速力を1段階アップします。

発生率が50%で、発動タイミングも攻撃を受けた後なので、少し使いづらい特性です。

特性2.高速砂かけ

wave開始時に、相手の速力を1段階下げます。

こちらは発生タイミングはつかみやすいものの、発生率が50%と相変わらず低いので、あまり頼れそうにありません。

特性3.[P]アイテム拾い

ターン開始時に、自身の霊力を0.75上昇させます。

確率が15%とと低いものの、効果自体はかなり強力です。

安定した運用は難しいですが、リセット前提の運用なら活躍の機会はあるかもしれません。

連携

橙の連携

橙の連携は、スピード連携です。

後衛に下がるとき、速力、命中、回避を上昇させます。

特に、命中の上昇はかなり使えますので、スピード連携を組み込んだ編成は一考の余地ありです。

昇格に必要な素材

橙の昇格に必要な素材を、現在わかっているところまでまとめました。

 

RANK0→1

伽羅 伽羅10 佐曽羅 佐曽羅10
羅国 羅国10 真南蛮 真南蛮10
真那伽 真那伽10 寸門多羅 寸門多羅10

 

RANK1→2

鳥の巻物ー初 鳥の巻物ー初20 菊の華片ー弐 銀の華片ー弐10
羅国 羅国10 鳥の巻物ー初 鳥の巻物ー初20
真那伽 真那伽20 寸門多羅 寸門多羅10

 

RANK2→3

補性指南書ー弐 補性指南書ー弐20 鳥の巻物ー弐 鳥の巻物ー弐20
攻性指南書ー弐 攻性指南書ー弐20 菊の華片ー弐 菊の華片ー弐20
防性指南書ー弐 防性指南書ー弐20 菊の華片ー弐 菊の華片ー弐20

 

橙の強いところ

橙の強い点をまとめます。

橙の強いところ1.霊力上昇のスキル

橙のスキルには、すべて霊力上昇の効果があります。

現状最強の絵札の一角が、霊力上昇の効果を持つものであることを考えると、これはかなり有用なスキルだと思われます。

また、特性を最後まで解放すると、ターンの最初に霊力を上昇させることもできるようになります。

同じ速攻式の十六夜咲夜も、同じような特性を持っています。

さらにいうと、橙は昇格に要求される素材のレア度が低く、ランクを上げやすいキャラです。

この点は、スキルが強いという橙の長所に噛み合っています。

橙の強いところ2.スペカの回避ダウン効果

橙のスペカの鬼符「青鬼赤鬼」は、相手の命中と回避を一段階下げる効果があります。

特に、回避を下げる効果は、回避を上げてくるボス(1章の八雲紫など)に使うと相性がいいです。

ただ、下げ幅はそこまで大きくないので過信は禁物です。

橙の弱いところ

次に、橙の弱い点をまとめてみます。

弱いところ1.全攻撃が無属性

これは、八雲家の定めなのですが、全攻撃が無属性で統一されています。

そのため、スペカが2つとも単体攻撃であるにもかかわらず、ボス戦には少し連れていきにくい性能をしています。

弱いところ2.全体的に能力値が低い

火力、耐久力で比べると、やはり攻撃式や防御式と比べて見劣りしてしまいます。

もちろん、速攻式なので速力はかなり高めです。

しかし、現状速力はそこまで重要なパラメータとはいえないため、全体的に力不足な印象はぬぐえません。

弱いところ3.攻撃の命中が低い

橙の攻撃の命中は、すべて50%となっています。

東方ロストワードでは、命中75%が基本的なラインなので、この命中は他のキャラと比べて低いということがわかります。

命中75%でも攻撃力が安定しないので、命中50%では安定した火力は見込めないといえます。

橙の評価まとめ

スキルがすべて霊力上昇の効果を持つ、というユニークで実用的な性能を持っています。

しかし、現状、昇格はかなりキャラが育ってから手を出すコンテンツなので、即戦力として期待できるかと言われれば微妙なところです。

また、命中も全体的に低めのため、ストーリー攻略のメインキャラに据えるのはあまりおすすめできません。

将来的には強くなる可能性はありますが、リセマラの優先度では、同じ時期に追加された八雲藍の方が高いでしょう。

八雲藍の評価の速詳細については、以下のページから参照してください。

参照:八雲藍の評価